いつでも即日融資でお金を借りられるというのは誤解です…。

2010年に施行された総量規制は、過大な借金を防ぎ、一般消費者を守ってくれる法律ですが、「総量規制に引っかかってしまうと、まったく融資を受けられなくなる」というのは間違いです。月内に全額返すなど、1か月以内にお金を返す見込みのある人は、無利息期間を打ち出しているカードローンを申し込む方がベターだと言えます。総量規制に引っかかるのは、一個人が資金を融資してもらうという場合です。従って、個人が事業で使う資金を借入れる場合は、総量規制から除外されるのです。カードローンについては、各々異なった特徴があり、金利や融資限度額などのような、明示されている誰もが知覚できるデータだけでは、比較するのに難儀するというのが実態です。「給料日の数日前に友達と食事に行くことになった」などで資金を調達しなければいけないのなら、無利息で融資可能な業者がいくつか存在するので、これらを利用する方が賢明だと思います。いろいろな金融業者から借り入れてしまい、月ごとに複数の返済をしなければならない状況に苦しんでいる人は、カードローンの借り換えを考えてみたほうがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です